株式会社スリーヒルズ

コラムー化粧品に関する豆知識など

薄毛治療薬の服用で自殺率UP!?

ネットでびっくりする情報を見つけました。

AGA治療薬として、「ミノキシジル」と並んで著名な「フィナステリド」。
なんとこの「フィナステリド」の服用者に、自殺や自殺企図、うつの傾向が認められるという研究結果が出たそうです!

実はこの傾向は10年ほど前から報告されていたそうですが、今回アメリカのブリガム&ウィメンズ病院のDavid-Dan Nguyen氏という方が統計を取り発表したそうです。
詳しくはコチラより。

最近AGAクリニックの交通広告やTVCMをよく目にしますが、「フィナステリド」で男性ホルモンの活性化を抑えて抜け毛を抑え、「ミノキシジル」で発毛を促進するという治療法を取り入れているところも多いです。

もちろん薬として世界中で認可されているものですし、一般的な薬にも様々な副作用はあるものなので一概に危険だという気は全くないですが、これだけ著名な薬にも新たな研究結果が出てきたことに驚いたのでお知らせしてみました。

※国内の薬局などでも購入できるリ〇ップなどの発毛剤は「ミノキシジル」は配合されていますが、「フィナステリド」は配合されていません。(フィナステリドは基本的に塗布ではなく服用する薬です)

to top